書く弁護士

title弁護士の必要性

日常で発生する様々なアクシデントやトラブルには、時に法的トラブルに発展するものも多く、こうしたトラブルを迅速に解決するため弁護士は必要不可欠の存在です。

例えば、日常遭遇するトラブルの最たるものに交通事故がありますが、被害者と加害者の間で慰謝料をめぐって協議が難航することも少なくありません。

こうした場合は、法的に決着をつけることになるため、弁護士に支援を依頼することになりますが、専門分野が異なる者に依頼しても効果は少ないため、得意分野を確認して依頼することが必要です。

慰謝料とは、精神的損害に対する損害賠償金です。故意または過失によって、他人の権利や法律上で保護されている利益を侵害した場合は賠償しなければいけません。

一般的に多いのが交通事故の慰謝料で、事故によって怪我をして通院や入院をすることになったり後遺障害が残った場合に請求または賠償することになります。事故による損害賠償金の種類はこの2つですが、損害賠償金の計算式は3種類あるので、弁護士の仲介のもとで算出することが大事となります。

慰謝料とは身体、及び自由や尊厳の侵害、又はその他の不法行為全般によって生じた精神的苦痛を補償する損害賠償金を指しています。

慰謝料が発生する事例としては、離婚時に相手の不貞に対して請求するもの、DVやセクシャルハラスメントに基づいて請求するもの、氏名や住所、その他の個人情報の過った使用によって生じた被害等に対して請求するもの、交通事故による心的、身体的苦痛に対して請求するものなどが挙げられます。

これらの請求については一般的に弁護士を通じて行われています。

慰謝料のメリットは交通事故を起こしてしまった場合や離婚をした場合などに相手に誠意を伝える事ができると言う点にあります。ただ謝るだけでは通じないものでも、金銭を介入することにより誠意を伝えることができるのです。

その際には弁護士を通して相談する必要があり、法律的な知識があることによって慰謝料を適正価格で支払うことができます。法律的な知識がないと、相場などが分かりにくいため、必ず法的知識があるものを介入するようにしましょう。

弁護士が仕事を

title交通事故を解決する方法

交通事故を起こした場合に気になるのがお金の問題です。一般的には、自己が契約している保険会社に連絡を取ってそこで解決する方法が多いです。

しかし、他の選択肢として弁護士に相談するという方法があります。相談することによって多少の費用はかかりますが、事故の相手方に過失が多分に認められる場合、事故によって被った損失に加えて慰謝料を請求することができることがあります。請求が認められるかはケースバイケースですが、選択肢の一つに考えられます。

自分が交通事故の被害者となった場合、加害者との示談や交渉などについて全て自分で処理できるわけではありません。特に、交通事故というのは起こった時点だけでなく後々起こりうる後遺症などの事を考えて、長期スパンで見るべきものです。早く解決したいからといって素人が判断すれば、それはあなたの利益を損ねかねません。

適正な慰謝料や治療費を請求するために、多少費用がかかっても弁護士に依頼するのがベターでしょう。なにより自分や家族が余計な心痛を受けず、治療や社会復帰に専念するためにはそのほうがより有意義なのです。

弁護士の仕事で代表的なものとしては、民事事件・家事事件の代理人、破産事件の代理人・管財人、法律相談業務、刑事事件の弁護人などがあります。

民事事件に関しては、紛争の当事者から依頼を受けて、当事者に代わって裁判や調停を行い、相手方との交渉を行います。たとえば交通事故の場合、依頼人の代わりに相手方や損害保険会社との交渉・慰謝料の見積もりなどを行い、依頼人とも調整を図りながら、紛争の解決へと導いていきます。

弁護士になるための流れは、2通りあります。

1つ目は、「法科大学院修了→司法試験合格→司法研修(2年間)→考試(2回目試験)合格→就職」と、なります。
2つ目は、「司法予備試験合格→司法試験合格→司法研修(2年間)→考試(2回目試験)合格→就職」です。

昔はその他の方法もありましたが、改正後、無くなりました。
なお、重要な司法試験ですが、3回しか受けることができないので、かなり勉強してから試験を受けなければいけません。

オススメリンク

交通事故に遭われた方は交通事故を解決する弁護士さんがいるのでこちらの弁護士さんに相談すると良いですよ。
交通事故専門の弁護士がいる大阪の事務所/士道法律事務所

カテゴリー

アーカイブ

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031